パチスロ5号機時代の救世主「ジャグラーシリーズ」。そのジャグラーをもっと楽しむための情報日記。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 4号機時代とは違って、ジャグラーの導入率は非常に高く「ジャグラー打ちたいからあの店しかないね!」ということも少なくなりました。それだけに5号機でお客をつけて利益を上げるためには『ジャグラーシリーズ』しかないというのがお店側の答えのようです。

データ通りに出ないことはわかりますが、それにしても「4号機時代どれだけ儲けてたんだよ。」というお店がハッキリしてきたのも事実。こんなお店は、いつかなくなるのは目に見えていますが…。

 さてジャグラーを打つのにお店を絞っているでしょうか?私の負けパターンは、お店を選ぶ際に「どこでも大丈夫だろう。」といううぬぼれといい加減さが重なった時に高確率で負けます。

どうしても相性のいいお店と悪いお店というのが出てきます。どんなに出していても“勝てない人”に入ってしまうのです。また出していないお店でも「また勝っちゃった!」ということもあります。

 ようするに自分の相性のいいお店を見つけて、浮気をしないのがベストということです。そうすれば、さらにお店の癖もわかってきて「今日は打たないで帰ろう。」という日も出てくるのです。そんなときは打たないで帰る。それが出来てれば勝ったも同然です。

5号機のスロッター『せこく!賢く!』がテーマだと思います。

ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
スポンサーサイト

 ジャグラーを打っているお客さんを観察しているといろんな人がいます。

例えば、何の根拠もなく空台があれば座って1,000円を投資して次の台に移動する人。何回か出て、はまっている台だけを狙って打つ人。100G以内の連チャンだけを楽しんで100Gを超えるとやめてしまう人。

それぞれ自分なりに考えて打っているのだと思います。私は、朝から打つことが多いのでリールのバウンドや1,000円当たりの回転数などを考えながら、1日打つのか決めます。

 何が正解で何が間違いなのかわかりません。でもハッキリしていることは、自分なりの打ち方にパターンをつくりあげることだと思います。そうすれば、狙う台も定まってくるし投資も少なくなり勝利に近づきます。

 まずは、自分の“遊技パターン”を決めることからはじめてみませんか?!

ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。