パチスロ5号機時代の救世主「ジャグラーシリーズ」。そのジャグラーをもっと楽しむための情報日記。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ひさ~しぶりの更新。

ここ数ヶ月、仕事が忙しく打ちに行くことができなかったためブログが手付かず状態…。

でも、今月に入ってから暇になってきたので3回ほど打ちに行った結果をまとめてになりますが報告します。
打ちに行ったお店は、3回とも同じお店にしぼり込み徹底して打ちまくり。お客が少なく、明らかに出ていない・出していない日でも勝つことが出来ました。

5号機になってから、投資金額が多くなると負けが確実であったがその心配もなかった。MAX20,000円負けの日も最終は、23,000円のプラスで終わった。

 合計回収金額は、プラスの102,000円。5号機では、奇跡と思えるほどの金額です。

でもこれには変わった現象が…。

どんなでない台でも追いかけ続けたのは、その台で箱にコインを積んでいる映像が浮かんでくるのです。ハッキリ言うと店に入って台を探しているときに、空台の中で空き箱の中にコインを入れている自分が想像できたのです。

嘘みたいな話ですが、ここ最近の不思議現象です。それがずっと出来れば、食べていけるのに…。

ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
スポンサーサイト
 昨日、本当に久しぶりに"ジャグラー”を打ちに行きました。勝ち負け関係なく「ペカッらせたい!」思いで打ちに行ったのです。

しかし残念ながら、財布の中身を確認しないままお店に着いたら所持金8,000円と光らせることが出来るのかわからないくらいの財布の中身にビックリです。

しかしながら、遠いお店まで打ちに行っていたのでダメもとで打って帰ることにしました。ところが、この8,000円が最終的にはなくなってしまうのですが見事に1,000円使ってはペカッてそこそこ遊べてのまれて、また1,000円使っては出てのまれて箱にこそ入れることはありませんでしたが、この所持金で6時間もの楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 この結果が負けであることは事実ですが、私にとっては“勝ち”と思ってもいいくらいの結果だったと思います。ただこのままでは終わらない。必ず回収して見せます。

ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
 先日、約1ヶ月ぶりに『アイムジャグラーEX』を打ちに行きました。

前なら3日我慢出来るか出来ないかの中毒状態でしたが、行けない理由がしっかりしていたため何とか我慢できました。お店は、ジャグラーで評判の良いお店。しかし、どうしたのでしょうお客さんの数がメチャメチャ減っていて台を選び放題。

私にとっては、チョ~久しぶりだったので感覚がつかめなくて台探しに苦労しました。3台目だったと思いますが、コイン持ちがよかったので粘ってみようと思ったとき“ペカッときました。それから大きなはまりもなく、REGなどをはさみながら1,400枚ゲット!

たぶん設定はよかったので、そのまま粘れば増えたと思いますが時間もなかったので止めてしまいました。

 やっぱりジャグラーは楽しいのですが、これだけのお客さんの数で営業はなりたっていくのでしょうか?この日も私は勝ちましたが、全体を見ていると設定状況はかなり厳しいように感じました。こんな事だとさらに客離れは続くのかも…。
投 資 8,000P
交換枚数 1,400枚
差 引 +20,000P
ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ

 4号機時代とは違って、ジャグラーの導入率は非常に高く「ジャグラー打ちたいからあの店しかないね!」ということも少なくなりました。それだけに5号機でお客をつけて利益を上げるためには『ジャグラーシリーズ』しかないというのがお店側の答えのようです。

データ通りに出ないことはわかりますが、それにしても「4号機時代どれだけ儲けてたんだよ。」というお店がハッキリしてきたのも事実。こんなお店は、いつかなくなるのは目に見えていますが…。

 さてジャグラーを打つのにお店を絞っているでしょうか?私の負けパターンは、お店を選ぶ際に「どこでも大丈夫だろう。」といううぬぼれといい加減さが重なった時に高確率で負けます。

どうしても相性のいいお店と悪いお店というのが出てきます。どんなに出していても“勝てない人”に入ってしまうのです。また出していないお店でも「また勝っちゃった!」ということもあります。

 ようするに自分の相性のいいお店を見つけて、浮気をしないのがベストということです。そうすれば、さらにお店の癖もわかってきて「今日は打たないで帰ろう。」という日も出てくるのです。そんなときは打たないで帰る。それが出来てれば勝ったも同然です。

5号機のスロッター『せこく!賢く!』がテーマだと思います。

ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
 5号機になってもおじさんおばさんのお客は減りません。これはなぜでしょう?スロッターと言われる人たちは、高設定を見つけ出してその台を時間のある限り回し続けます。

これは、4号機のジャグラーでは非常に有効的な打ち方でした。5号機になってからは、高設定でもきれいに上昇ラインを描く出方をする台は滅多にありません。

 先日、いつも打ちに行くお店で仲良くなったおじさんに収支を聞いたところ1日平均で25,000円を稼いでいるそうです。これは、同じお店に通っている人です。またお店の状況は、イベントはしないで平均的に出すと言うお店。当然、設定6に出会うことはないと思ったほうがいい。

こんなお店でどうやって勝っているのか?それは、前から言っている『ゾーン狙い』です。そのおじさんは、250Gで止めてある台を1,000円だけ打ちます。当たりを引いたら130Gくらいまで回します。ジャグ連しても130Gくらいまで!

そのあとオカマをほられようが、気にしていません。その繰り返しで、開店10時から17時くらいまで打って帰ります。

 1日25,000円で、20日打ったら50万円ですからすごいですね!
ジャグラーの最新情報と動画は>>
5号機ジャグラーでパチスロを楽しむ TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。